hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

読書

【古典】東洋の思想を知る時に読んでおきたい5冊の本

今日は、東洋の思想を知るにあたって古典となる5冊の本を紹介します。 それぞれの本の紹介は、また別の記事でやっていきます。 1.老子 老荘思想の老である老子です。荘は荘子で、双子のような本です。 大学3年目の夏に、友人から紹介されて読みました。 中…

1,000字で考える食と日本文化 甲野善紀・前田英樹『剣の思想』感想

こんにちは、今日は日本文化について考えたことを書きます。 紹介する本は甲野善紀・前田英樹『剣の思想 増補新版』です。ともに剣術を修めている二人の対談は、うわべだけではない言葉の応酬を感じます。 日本文化と食 剣や剣術についての話はひとまず置い…

身体全体を使って生きる 甲野善紀『武道から武術へ 失われた「術」を求めて』感想

今日は、甲野善紀氏の『武道から武術へ―失われた「術」を求めて』について思ったことを書いてみます。 甲野さんは、形骸化した武道を乗り越えて、武道以前にあった武術について考えています。 「権威に頼らず、個の力を信じて生きるにはどうしたらいいか?」…

何故、平成生まれは古臭いと言われるのか 桜井章一『わが遺言 勝負の鬼が辿り着いた50の境地』感想

こんにちは、 わたしです。 平成最後の夏ですが、将来ありそうな「それっぽいタイトル」の記事を書いてみました。 これから20年以上は言われないであろうこの言葉も、いつかは言われるときが来るでしょう。 将来生まれる人たちに、「平成生まれって古臭いよ…

大学に飽きた時に知っておきたい1つのこと  甲野善紀・名越康文『薄氷の踏み方』感想

こんにちは、わたしです。 昨日はずっと疲れていた頭皮のマッサージをしたり、世界陶磁全集を読んで勉強したりしていました。 今日は「大学って飽きるよね」ということについて書いていきます。 大学に行く理由とは その前に、大学に行く理由から書いていき…

スマホ時代の物書き入門 イケダハヤト『武器としての書く技術』感想

こんにちは、毎日ブログを書いていきたいわたしです。 今日は、イケダハヤト『武器としての書く技術』から、気になった情報をまとめてシェアします。 武器としての書く技術 posted with ヨメレバ 作者:イケダ ハヤト 出版社:KADOKAWA/中経出版 発売日: 2013-…

【身体】統合医療を考えるときに使える8冊まとめ

こんにちは、一人で體(からだ)について考えることが多いわたしです。 今日は、統合医療を考えるときに使える20冊の本を紹介します。 甲野善紀・小池弘人『武術と医術 人を活かすメソッド (集英社新書)』の参考文献リストを読みやすさと手に入りやすさを考…

直観を鍛えたい! 桜井章一・名越康文『未知の力を開く!気鋭の精神科医が「雀鬼流」を診断する』感想

こんにちは、直観について考えていたわたしです。 「直観を鍛えるにはどうすればいいのだろう?」と考えるときに、役に立つ考え方をシェアします。桜井章一・名越康文『未知の力を開く!気鋭の精神科医が「雀鬼流」を診断する』が使えそうだったので、その書…

筋肉ではなく、骨を使うメリットとは?  甲野善紀・松村卓『「筋肉」よりも「骨」を使え!』感想

今日は、甲野善紀氏と松村卓氏の対談本『「筋肉」よりも「骨」を使え!』のレビューをしていきます。甲野さんの本もほとんど読んだ気がしますが、飽きないです。 「筋肉」よりも「骨」を使え! (ディスカヴァー携書) posted with ヨメレバ 作者:甲野善紀,松村…

知識人はもう時代遅れだ 桜井章一『男の器ー常識に囚われない生き方』感想

こんにちは、わたしです。 桜井章一雀鬼会会長の『男の器ー常識に囚われない生き方』のレビューをしてみます。桜井会長の本はほとんど読んだ気がしますが、いろいろな視点から感想が書けそうなので、たくさん書いていきたいです。 男の器 常識に囚われない生…

ふとした直感を大切に 桜井章一『手ぶらで生きる術』感想

桜井章一雀鬼会会長の「手ぶらで生きる術」の感想です。 手ぶらで生きる術 忘れ上手は生き方上手 (竹書房新書) posted with ヨメレバ 作者:桜井章一 出版社:竹書房 発売日: 2013-06-07 Amazon Kindle 本の中で、面白い話がありました。 この間、私は家でテレ…

国会図書館のアプリ(帝國圖書館)で芸術について学ぼう(おまけ付)

こんにちは、今日は国会図書館のデジタルコレクションを手元で読めるアプリについて紹介します。無料のこのアプリで、芸術の勉強をしてみませんか? 帝國圖書館 sinn246 ブック 無料 帝國圖書館 このアプリは、国立国会図書館のデジタルコレクションを読める…

しなやかな身体をつくる時に使える8冊

今日は、身体を考えるにあたって有益な8冊をまとめます。 ↑8冊の背表紙です。 柔らかなマインドは柔らかな身体からくる部分が多いです。身体はかたくならないようにしましょう。 甲野善紀氏 武術家の甲野さんです。現代の日本で甲野さん以上に身体に向き合っ…

読んだ本を記録するメリット3つ

こんにちは、私です。今日は「読んだ本を記録していく利点を三つ」紹介していきます。 www.hamadahajime.com 前回の記事で触れた、読んだ本を記録して公開するメリットです。体験談を踏まえて、三つほど考えていきます。 1.読書の習慣ができる まず一つ目…

【多読】大学時代に読んだ500冊をリストにしてみた

こんにちは、私です。 今日の記事では、自分が大学時代に読んだ本のリストを残しておきます。読んだ本をリストにしておくことのメリットやデメリットについても考えます。 記事の下部にリストがそのまま載っており、ページが重くなってしまったら申し訳ない…

日本語の語彙を増やす方法

ここでは、日本語のボキャブラリーを増やす方法を、体験談を踏まえて考えていきます。「使える日本語を増やしたい」「美しい日本語を学びたい」という人の参考になれば幸いです。 大学一年の夏休み、家でずっと本を読んでいました。一冊の本を読んだのを機に…

【大学生】【多読】一日一冊以上の本を読む方法

多読したい大学生の為に、私が試した多読の方法を書いていきます。上手くサイクルを回したら一日に一冊以上の本が読めると思います。 大学1年生の春休みで以下の要領で多読をしてみた結果、二ヶ月で75冊の本が読めました。本をたくさん読みたい大学生の参考…