hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

身体

身体と来るべき100年(もしくは200年)

今日も身体の話をしていきます。 「何故、そこまで身体の使い方ひとつにこだわる必要があるのか」という問いに答えていきます。 結論からいうと、「人生が100年になるから」です。 人生100年は常識 2017年、”人生100年時代”という言葉が流行語になりました。…

【テクテク……】長距離の歩行と姿勢の関係

今回の記事は、前回の記事の発展バージョンです。立つことが出来れば、歩くこともできます。10キロメートル歩いてみました。 www.hamadahajime.com 綺麗に立ちたい 前回の記事で、丁寧に立つ方法として、以下のように説明しました。 それは、 首と肩の力を抜…

立つことは簡単ではないという話

立つことは、意外と難しいものです。骨をすっきりと立てて、身体中の筋と筋肉の力を抜く必要があります。 力んで立つとは わたしは、4年前に「無駄な力を使って立ちたくない」という直観がありました。 その直観に従い、3年ほど合気道の稽古を受けていました…

コリをほぐし続けて考えたこと

肩の力を抜き呼吸を整えるために、コリをほぐすことはとても大事です。 一年以上コリをほぐし続けて学んだことを書いていきます。 どこかで学ぶものではない コリをほぐし身体を整えることだけは、学校では教わりません。何故なら、学校を作っている人たちの…

合氣道の呼吸法を学ぼう

こんにちは、合氣道に惹かれるわたしです。 今日は、『中村天風と植芝盛平 氣の確立』という本に掲載されていた”氣の呼吸法”について考えてみます。 合氣道開祖の植芝盛平氏の弟子である藤平光一氏が、氏である中村天風と植芝盛平について語った本です。その…

【暮らし】心身をゆるめてほぐす3つのタイミング

心身の健康を維持するために、日々のメンテナンスは必要不可欠です。 今日は、身体のコリ(それに伴うマインドのブレ)をゆるめるのに役に立つ記事を書きます。「日常の、どのタイミングで心身と向き合うといいのだろう?」という疑問について、思ったことを…

呼吸を深くするために腹筋をほぐそう

全身がゆるく軽くなってきたわたしです。 今日もまた、身体を身軽にするためのコリ解除方法について一つ書きます。 たくさん書くことがあって、人の身体は一つの宇宙だなと思います。 今日は、腹筋と呼吸の関係についてです。 腹筋マターと呼吸 生きていると…

身体のズレ・コリを作ってしまう5つの習慣

こんにちは、2018年の間に身体のすべてのコリを取りたいわたしです。 今日の記事は、「身体のズレとコリを作る5つの習慣」ということで、身体を固めてしまう5つの身体的な特徴について述べていきます。すべて、実体験がもとになります。 ひとつづつ見ていき…

閉じて固まってしまった首を開く!

こんにちは、昨日に引き続き首の話です。 www.hamadahajime.com 今日は、具体的に首の凝りをほぐす方法(イメージトレーニング)についてシェアします。 首が閉じるとは? 首が閉じるという表現は、比喩的なものです。凝ってしまって声がうまくでないとか、ス…

首の疲れを取ったら調子がよくなった

今日は、首のコリを取った体験談について書きます。 首の無駄な力みを取って、筋を通していきたいね、という話です。 休まらない首 突然ですが、あなたの首はスッキリ使えていますか? 雑に頭を支えていると、知らず知らずに固まってしまっているのが首です…

ウォーキング×マインドフルネスのすすめ

先日、ふと思って7キロほど散歩しました。わたしが歩く時に考えることを書きます。 歩こうと思った 最近よく「足の裏に血を移動させて温めたいなあ」と思っていました。しかし、思うだけ思ってても理想からは遠いです。 足を温めようと思えば思うほど、頭を…

【整体】胸のコリに効く身体と意識の使い方3つ

今日は、胸のコリに効く3つの方法を書いていきます。 思えば、上半身が凝り続けてきた10年間だったように思います。他の記事もあるので、胸が凝っている人は参考にしてみてください。 www.hamadahajime.com www.hamadahajime.com ちなみにわたしの頑固な胸…

身体と性格は深い部分で関係するという話

今日は、性格と身体の関係について書きます。 身体が固くなったら、性格も頑固になります。身体が柔らかくなると、気質も穏和になります。そういう話です。 性格は治癒できない 最初に書いておきますが、身体をほぐすことによって、性格が変わるわけではあり…

呼吸・再考 〜腹圧を高めてみよう編〜

今日の記事は、「腹圧を高めるとは?」という疑問について解説します。 www.hamadahajime.com 身体をしっかり緩めたら、次は呼吸をうまくつかって引き締めます。 その説明をしていきます。 IAPとは? 最近、IAP呼吸という呼吸が界隈(どこ?)で有名です。 …

抜いた力は移動する ー実践的身体論ー

こんにちは、今日もまた体ほぐしシリーズです。 力を抜くというのは、実際にやると難しいことがわかります。 上手く力を移動させて、より楽に身体を動かせるようにしましょう。 力は抜けない、でも 身体をほぐしていると、「なんかここ重いな」という部分が…

身体をほぐす時に覚えておきたい二つのヒント

こんにちは、将来の完全自動運転車は座席にマッサージチェアを採用すると予想しているわたしです。 今日は、身体をほぐす時について覚えておきたい二つのポイントです。 好調と不調の波 突然ですが、物事には波があります。好調-不調であったり、拡大-収縮で…

「口は災いの元」が災いのもと?

今日の記事は、「口は災いのもと」について考えます。 不思議と説得力のある諺ですが、果たしてどこまで有効なのか。考えていたことがあるので、書きます。 結論から言うと、口が災いの元になることもあれば、好転と祝福の元になることもある、のです。 いつ…

【通信制高校】酷く疲れた高校生の心身を回復するために

こんにちは、わたしです。 今回は、昨日に引き続き身体シリーズを続けていこうと思います。旧時代的な座学のデメリットをニュースを見ながら考えます。 それも、27日、このようなニュースがあったのです。 boxil.jp 堀江貴文氏による、通信制高校のサポート…

一流の身体ってどういうこと?考えてみた

今日も身体について、考えたことを書いていきます。 www.hamadahajime.com 先日の記事で、身体の無駄な力がうまく抜けると、 効率よく力を入れられるようになると書きました。それについての追記です。 全身にうまく力を入れるとすごい、という話です。 バラ…

結局、身体が発している声を聴くしかないという話

今日は、昨日の記事に関連して、「身体の声を聴く」という話です。 www.hamadahajime.com ある程度まで、心身のバランスが取れてくると、身体が発する声を聴けるようになるよという話です。 違和感はすべてメッセージ 早速ですが、体が発する違和感はすべて…

【決定版】身体をほぐす5つの利点

一年ほど整体を実践しているわたしです。 身体をほぐす利点について語っていなかったので、書いておきます。 単純ながら、「身体をほぐすとどういいのか?」については一度書いておかないとなと感じていました。 では5つ、いきましょう。 1.疲れにくくな…

美術館で目が疲れない見方を考えた👀

こんにちは、今日は美術館攻略をやっていきましょう。 美術館(博物館)で目が疲れない見方について考えてみます。 私はいろいろ博物館に行き、歩いてきて、時折「やたら目が疲れる」「肩が凝る」と困ってきました。ですが、最近は慣れもあってそのようなこ…

身体全体を使って生きる 甲野善紀『武道から武術へ 失われた「術」を求めて』感想

今日は、甲野善紀氏の『武道から武術へ―失われた「術」を求めて』について思ったことを書いてみます。 甲野さんは、形骸化した武道を乗り越えて、武道以前にあった武術について考えています。 「権威に頼らず、個の力を信じて生きるにはどうしたらいいか?」…

合気道とは何か 『合気神髄 合気道開祖・植芝盛平語録』感想

合気道開祖の植芝盛平(1883-1969)の言葉をまとめた本『合気神髄』を読んだので、まとめてみます。 「合気道とは何か?」を知りたい人にとっては、これ以上ない本です。 合気神髄―合気道開祖・植芝盛平語録 posted with ヨメレバ 作者:植芝 吉祥丸 出版社:八…

【身体】統合医療を考えるときに使える8冊まとめ

こんにちは、一人で體(からだ)について考えることが多いわたしです。 今日は、統合医療を考えるときに使える20冊の本を紹介します。 甲野善紀・小池弘人『武術と医術 人を活かすメソッド (集英社新書)』の参考文献リストを読みやすさと手に入りやすさを考…

工夫がうまい人は遊び上手 桜井章一『努力しない生き方』感想

こんにちは、わたしです。 今日は、桜井章一『努力しない生き方』の書評になります。 努力しない生き方 (集英社新書) posted with ヨメレバ 作者:桜井 章一 出版社:集英社 発売日: 2010-03-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 一言でいうと、努力を疑う本です。 …

筋肉ではなく、骨を使うメリットとは?  甲野善紀・松村卓『「筋肉」よりも「骨」を使え!』感想

今日は、甲野善紀氏と松村卓氏の対談本『「筋肉」よりも「骨」を使え!』のレビューをしていきます。甲野さんの本もほとんど読んだ気がしますが、飽きないです。 「筋肉」よりも「骨」を使え! (ディスカヴァー携書) posted with ヨメレバ 作者:甲野善紀,松村…

ふとした直感を大切に 桜井章一『手ぶらで生きる術』感想

桜井章一雀鬼会会長の「手ぶらで生きる術」の感想です。 手ぶらで生きる術 忘れ上手は生き方上手 (竹書房新書) posted with ヨメレバ 作者:桜井章一 出版社:竹書房 発売日: 2013-06-07 Amazon Kindle 本の中で、面白い話がありました。 この間、私は家でテレ…

しなやかな身体をつくる時に使える8冊

今日は、身体を考えるにあたって有益な8冊をまとめます。 ↑8冊の背表紙です。 柔らかなマインドは柔らかな身体からくる部分が多いです。身体はかたくならないようにしましょう。 甲野善紀氏 武術家の甲野さんです。現代の日本で甲野さん以上に身体に向き合っ…

頭の重さで首と肩を痛めていませんか

重心は大事という話 こんにちは、独学で整体を学んでいる私です。 今日の記事は、頭の重さが身体に与える影響ついて書いていきます。頭の重さと体の重心の話です。 頭や重心を普段意識していない人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。 まず、どのように私が…