hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

【空腹】男一人暮らし入門の三要素

 

この春から一人暮らしをするよ、という人に向けて書いた自炊の基本指南です。実家から巣立ちをし、「何を食べたらいいんだ……?」となっている人。実家から追い出され「どうしたらいいんだ」となっているあなたにお役に立てたら嬉しいです。前もって言いますが、ここで詳しい献立の説明はしません。これは献立以前の話です。レッツサバイブ!


1. 死なないことを目的に

 

もう、答えは出ましたね。「死なないことを目的にする。」これをまずは掲げましょう。根拠のない自信は控えめに、まず、死なないこと。死ななければ空いた時間に料理ができます、新しい献立への挑戦ができます。

 

実家にいた頃は、おそらく冷蔵庫を開ければ何かしらの物が入っていました。しかし、一人暮らしでは物を買わないと冷蔵庫には何も入っていません。物は買わないとありません。食べたら無くなります。

 

なので、常備食は何があっても常備しましょう。「なーんだ常備食だって、そんなの知ってるよ」と思うかもしれませんが、「何があっても」用意して置くというのはなかなか大事です。

 

口座にお金がない時、急に出費が生じた時、常備食を削ってもワンチャンなんとかなるのでは?と発想しかねません。しかし、それを削ると死が近づきます。深夜にタクシーで夜間救急に行く羽目になります(なりました)
お金がない時こそ、「死なないことを目的にする」ことを思い出してください。

フルグラ、カロリーメイト、チョコレート…なんでも構いません。常備食を持ちましょう。


2. サプリメントを手に入れる

 

しかし、常備食の悪いところは、食べたらすぐに無くなるところです。そして、おそらくあなたは飲み会で遅くなった日、酔って次の日の朝ごはんを買い忘れ、その日に限って常備食を切らしていることでしょう。

 

ここで、あなたは「サプリメントでも買っておけばよかったかな」と考えます。なので、そうなる前にサプリメントを購入しておきましょう。マルチビタミンと書いてあればなんでも大丈夫です。DAISOとかにもサプリメントは売っているので買い込んでおきましょう。

 

常備食がセーフティネットだとすると、サプリメントセーフティネットセーフティネットになります


3. 自炊を失敗しまくる

 

セーフティネットを作ったら、自炊です。自炊は失敗する度に上手くなります。どんどん失敗しましょう。食べられないものが出来上がったら(ほぼないですが)、常備食のカロリーメイトサプリメントを食べて寝たらいいのです。また明日挑戦しましょう。

 

逆に言うと、セーフティネットがないまま闇雲に自炊するのはお勧めしません。上手く料理が完成したらいいですが、問題は失敗した時です。「失敗したな。お腹すいたけど何も食べるものないな。」となりかねません。

 

これは、次の日の朝を考えてもだいぶ辛いものがありますね。仕事や学校に行くのも萎えてしまいます。なので、一人暮らしでのセーフティネットは意識するに越したことはないという話でもあります。

 

まとめ

 

・常備食は最強

セーフティネットセーフティネットに救われる人生

・健康であれば、勉強も仕事も出来る