hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

【一人暮らし初心者】自炊をしない日に覚えておきたい3つのこと


どうも、一人暮らしアドバイザーのはじめです。こう肩書きをつけると、プロっぽくなりますね。

 

今回は、一人暮らしで自炊をしない日に役立つヘルスケア情報を紹介します。「今日は自炊を休むけど、栄養は摂りたい」「外食続きで、なんとかしなければ……」という人に参考になれば嬉しいです。

 

細かい栄養の話は抜きにして、早速3つ、行きましょう。これを抑えれば、家で冷凍食品を食べていても、なんとなく体調の回復ができます。


1. 旬の果物を食べる

 

一人暮らしで間違いなく摂らなくなるのは、果物でしょう。一人暮らしでメロンを切って食べる人がいたらビックリです。大富豪の息子でも一人暮らしとなればせいぜいイチゴくらいしか食べてないと思います。

 

とりあえず、体調が悪くなったら果物を食べましょう。果物の栄養素が足りてない可能性があります。洗い物が出るのが嫌なら、スーパーでカットされた果物が売っているので、ひとまず給料日の日だけでも食べるといい感じです。

 

私は、秋の朝ごはんに梨を食べていました。夜に食べやすく切っておいて冷蔵庫に入れておけば、夜のデザート+朝ごはんの一品になります。切るのは面倒ですが、やってみると結構おいしいです。


2. サラダチキンを食べる

 

一人暮らしは炭水化物の摂取量が高まります。特に男子大学生とかは、炭水化物を過信しすぎる傾向にあります。私も一人暮らししたての頃はそうでした。脚気の初期症状が出て反省しましたが…。足がだるくなったら脚気を疑いましょうね。

 

脚気とビタミンの話もまたしますが、その食べすぎている炭水化物の割合を、たんぱく質に割きましょう。鶏肉を食べるのです。

 

とりあえず、コンビニに売っているサラダチキンを食べるといい感じです。ほぐれているものはまな板と包丁が要りませんし、ほぐれてない普通のものも大した手間がかからず、切ったらそのまま食べられます。

 

これに、豆乳とかを飲んだらわりと体調が整うはずです。ラーメンについている卵でたんぱく質を摂っていこうとするのはやめましょう。あれは、刺身のツマみたいなものです。彩りを添えるパセリは、彩りを添えるためにあります。


3. 鉄分を摂る

 

一人で炭水化物祭りをやっていると、鉄分が足りなくなることがあります。レバーやほうれん草を食べたくなる気もしますが、スーパーでは安価に一人用のレバーやほうれん草を売っていません。困った。

 

そもそも、鉄分を補給するという概念も、私も一人暮らしでほうれん草の美味しさを知ってから知りました。実家ではそんなに美味しく感じなかったほうれん草、なぜこんなにおいしいのか……。「さては、鉄分とやらが足りていないのでは!」という話です。もっと前から気づけよ、という話ですね。

 

鉄分補給は、一人用のほうれん草やレバーが売ってないので、とりあえずサプリメントでいいでしょう。定期的に美味しいカツオの刺身を一人前食べられるなら、美味しくカツオを食べたらいいのですが、そうではない時はとりあえず食後に鉄のサプリメントがいいよ、という話です。食器も洗わなくてすみますからね。一人暮らし初心者の人は、まずは病気にならないことを優先にしていきましょう。

 

 

まとめ

 

果物はうまいのだ
ご飯もいいけどササミもね
この世には鉄分というものがある

 

 

おわり