hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

【ミニマリスト】足拭きマットは不要という話

 

こんにちは、必要最低限のものがあればそれ以上は要らないミニマリストの私です。

 

今日は、ミニマリスト生活の中で、足拭きマットを手放した時の話を書きます。風呂場の足拭きマットって、本当に必要なのか?という話ですね。結論から言うと、なくても生活できます!

 

よくミニマリスト本やミニマリストのブログで書かれるトピックに、「バスタオルを使わなくてもタオルで間に合う!」というのがあると思います。私は、「バスタオルが不要なのはわかった、じゃあ足拭きマットはどうなんだ?」と思ったのですね。バスタオルを卒業してから約2年後、先日足拭きマットをタオルに変えてみました。

 

f:id:hajime1122:20180507221936j:image

 

写真はこのような感じです。では、早速足拭きマットをタオルにすることによるメリットとデメリットを見てみましょう。

 

 

 

メリット

 

・乾くのが早い

→タオル掛けに掛けていれば、すぐに乾きます。以前使用していた足拭きマットは厚手の生地のものだったので、この速乾性はよいです。

 

・洗濯で嵩張らない

→これもそうです。バスタオルも足拭きマットもこの大きさにすれば、洗濯の効率化が図れます。ありがたいです。

 

・毎日交換できて衛生的

→以前は足拭きマットを、毎日洗濯に回すことはなかったのですが、フェイスタオル足拭きマットにしてからは、毎回洗濯に入れるようになりました。

 

デメリット

 

・一人暮らし、二人暮らし向き

→今、私は二人暮らしをしていますが、流石にこのタオルの足拭きマットを4人では使えません。4人くらいになると、足拭きマットを購入した方がいいです。

 

・嫌な人もいるかも

→床に置いたタオルは洗ったとしても体を拭くのに使いたくない人がいるかもしれません。床も掃除して足も洗っていれば個人的には気になりませんが、好みですね。

 

メリットとデメリットはこんな感じになりました。メリットの三つは、バスタオルをタオルにした時のメリットと同じ感じです。デメリットは、特に感じませんでしたが、家族4人では流石に無理だなというのがありました。

 

家族4人でするとなると、最低でもタオル2枚は必要ですねー。そう思っていたら「家族4人でも、タオル足拭きマットにすると、1人目と3人目は新しい足拭きマットが使えて良いのでは?」という気になってきました。以外とデメリット1個目は強くないのかもしれません。

 

抵抗のない人にはオススメですよという話でした。

 

 

おわり