hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

梅雨の憂鬱はどうしたら?

 

ここでは、「梅雨に弱い」という体質の人に、私が梅雨を乗り越えた体験談を書いていきます。湿度の高さにやられそうになっている人の参考になれば幸いです。

 

といいながら、私が湿度や梅雨に弱いことを知ったのは、慢性の腹痛と胸痛で漢方内科に行った時のことでした。しかも、冬の話です。そこで、体質を判断してもらったのですが、痰湿の気があるということが判明しました。

 

痰湿中医学の専門用語ですが、勉強してみたところ、「老廃物を含んだ水分の出が悪い」「胃腸が悪い」ということが言えるようです。そして、どうやら「梅雨に弱い傾向」も見られるとか。(参考:  http://jps-kanagawa.com/health/2017/7-1.html )

 

その時に、自分が梅雨に弱かったことに気づいたのです。「これは!」という感じで、今までの不調の理由がわかりました。今まで、雨の日はやる気が出ないことが多かったんです。なかなか病的な辛さでしたが、梅雨はずっとそうだったので諦めていました。しかし、ここで知ることにより、克服できるのでは?と思い立ちました。

 

もらった漢方薬を飲みながら、食餌療法だ!と思いながら、食事をいろいろと考えていましたが、一番効いたのは「フルグラ 」でした。痰湿体質には穀物が効くようです。

 

「なるほど穀物が足りてなかったのかー」と思い3ヶ月ほど漢方薬を飲んでフルグラばっかり食べていたところ、次の梅雨には、「全然身体の軽さが違う!」と、体質が改善していました。穀物は凄いです。

 

こういう流れですね。梅雨に弱い人、もしかしたら身体の中の水分がうまく出ていないのかもしれません。何にせよ、一度漢方内科に行ってみることをオススメします。痰湿っぽいと言われたら、穀物をハムスターのように食べて梅雨をサバイブしていきましょう。

 

 

 

 

おわり