hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

断捨離が終わって変わった三つのこと

 

ここでは、断捨離が終わるとどうなるか?について、三つほど書いていきます。「どうなるか?」というのは心理的な変化についてですね。生活に必要なものだけ所有する、というミニマリストの生活を覗き見したい人にも参考になると思います。

 

 

1. 大掃除をしなくてよくなった

 

一つ目から大きいですが、大掃除をしなくてよくなるのは物を減らして感じたことでした。風呂場の掃除と、窓拭きくらいをしたらもう年末の大掃除は終わります。普段から、大掃除をしているようなものなので、特に張り切ることもありません。

 

「掃除をしなくては……」と思い続けるのも結構なストレスなんですよね。思ったらすぐに片付ける、という癖が付きました。要らないものは躊躇なく捨て、出したものはすぐに片付けるので、大掃除とは無縁です。片付ける前に比べ、心理的に楽になりました。

 

 

2. 気前が良くなった

 

物を捨てるという中で、「これ誰か使わないかな」と探す癖が付きました。捨てる流れというのは

 

捨てよう

→捨てるくらいなら誰かにあげよう

→探す

→必要な人がいなければ捨てる

 

となるわけですが、この「探す」段階にすぐ移動できるようになりました。今だとSNSとか、メルカリとかですぐに探せます。必要な人に必要なものが移動していく感覚がつかめました。

 

今では人によく「これいる?」と訊くようになりました。買った時は高価なものでも、使わなければすぐに人にあげてしまいます。だって、使わないですからね。

 

 

3. 買い物が楽しくなった

 

断捨離が終わったからといって、買い物をしないわけではありません。ただ、必要のない買い物や、後悔のする買い物はしなくなります。そこに残るのは、必要なものを必要なときに買う買い物です。物を減らした後、私は買い物に行くのが楽しくなりました。

 

おそらく、戦後のものがない時代の人だともっと楽しかったのだろうと思います。私が味わう買い物の楽しさは、その1/10くらいだとは思います。しかし、物がこれだけ余っている時代に、買い物で楽しめるのは我ながらすごいと思います。

 

物を新しく手に入れる楽しさを、一番知っているのは、物が少ない人だということがわかりました。

 

まとめ

 

大掃除を卒業して、買い物をもっと楽しむためにも、まずは一つだけもう使わないものを選んで、誰かにあげてしまいましょう!きっと喜んでもらえますよ。もし、誰にも喜んでもらえそうになければ、捨てて構わない物ということです。ゴミ出しの日の予定を入れることが出来たらいいですね。少しでも参考になれば幸いです。

 

参考図書

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

この佐々木さんの本は、モチベーションアップに最適です。是非手に取ってみてください。