hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

息苦しい・・・・小胸筋を緩めた結果、メンタルが楽に!

 

こんにちは、独学で整体を学んでいる私です。

 

今回は、小胸筋をほぐして、息が楽に、メンタルが軽くなった話を書いていこうと思います。

 

小胸筋、なかなか聞いたことのない名前ですが、どのような筋肉なのでしょう。また、凝るとどうなるのか、ほぐすと何が良くなったのか、についても書いていきます。

 

小胸筋とは

 

小胸筋とは、肩甲骨と肋骨をつなげている筋肉です。大胸筋よりも下にあり、骨に近い部分にあります。

 

 

f:id:hajime1122:20180519152224j:plain

引用: http://www.musculature.biz/40/45/post_95/



 

この筋肉は、呼吸をするときに大事な筋肉です。肩甲骨が動かせないときは、肋骨を引き上げて息をするのを楽にしてくれます。

 

あなたの肩甲骨が固まっている場合、小胸筋もそれなりに負担がかかっていると思っていいでしょう。

 

この筋肉を意識せずにデスクワークをすると、すぐに凝ります。ですが、ここの凝りに気づくのは少々大変です。大胸筋の下にあって意識しづらいんですね。

 

私はこの筋肉が凝っていると気づく前に

 

「そもそも、そんなところに筋肉があるの?」

 

と発見するところから始まりました。大胸筋しか知らなかったよ・・・・。

 

「大胸筋が痛いなー」と思っていたら、その下の小胸筋が凝っていた、みたいなこともあると思います。私は、「息苦しさ」の症状の原因を探っているときに小胸筋を発見しました。

 

凝るとどうなる?

 

体験ですが、ここが固まると深呼吸ができなくなります。縮んでいくと、どんどん背中は丸まり猫背にもなります。

 

私は、ここが凝っていた時は息を吸いきれない感覚があり、それに伴った不安感・もやもや感もありました。

 

自分の思った通りに呼吸がいかないので、過呼吸やそれに伴う寝不足、最悪の場合軽いパニック症状まで出ることもありました。

 

今では息が苦しくなったら、私はとりあえず小胸筋のストレッチをしています。それで楽になることは多いです。小胸筋を伸ばしても苦しい場合は、とりあえず部屋の換気をしたらいいんだな、と思ったりします。

 

ストレッチ

 

ストレッチは、換気のされた部屋で行いましょう。外でやるといいですよ。

 

 

 

この動画が短くわかりやすくまとまっているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

小胸筋が完全に固まってしまっているときは、後ろで手を組むだけできついかもしれません。そういう時は、組んだ手を下に伸ばさず、そのまま息を吐くだけでもやってみてください。

 

まとめ

 

見えない筋肉、小胸筋でしたが、丁寧な呼吸をするにあたっては非常に大事な筋肉です。

 

この筋肉を意識できるようになってからは、呼吸も楽になり、姿勢もよくなりました。

 

でも、私の体の癖なのか、すぐ凝ってしまうんですよね。凝ってもすぐにほぐす、というのを心がけています。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

おわり