hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

東京国立博物館の年パス(メンバーズパス)を手に入れる方法!

 

今日は、東京国立博物館の年間パスポートであるメンバーズパスを手に入れたので、その入手方法について紹介していきます。

 

東京国立博物館とは

東京国立博物館とは、上野駅にある博物館です。主に日本と東洋の作品をコレクションしています。常設展というのがあり、大人620円、大学生410円で入ることができます。

 

常設展とは?簡単にいうと東博のコレクション展ですね。借りてきたものは特別展、自分の館で保有しているものを常設展で展示しています。

 

ちなみに、高校生以下は無料で入れるので、東京の高校生はデートとか散歩でくると楽しいと思います。無料で日本史の勉強ができます。

 

年間パスポートのメリット

美術館には、(館にもよりますが)年間パスポートというものがあります。私もブリヂストン美術館の年パスを過去に持っており、よく行っていました。

 

年パスのいいところは、見せるだけで入れるところです。

当たり前っちゃあ当たり前ですが・・・・。

 

見せるだけで入れると、作品との心理的な距離が近くなります。無料ではないですが、無料で見ているような気になります。コレクションを実際に持っている感というか、「また来るぞ~」という感じになります。

 

心理的な近さで言うと、定期券内のいつでも降りられる駅くらいの近さになります。(伝わる?)

 

メンバーズパス(年パス)

東京国立博物館の年パスは、メンバーズパスとなります。

 

このメンバーズパスで、国立博物館4館(東京・京都・奈良・九州)の常設展が見放題になります。また、特別展も団体割引が効きます。

 

購入する場所は、入口横の会員受付窓口です。

f:id:hajime1122:20180606211512j:image

 

「メンバーズパスをお願いします」と言って2000円を払えばその場で購入できます。それ以外(身分証など)は必要ありません。図書カードみたいなカードの裏面に自筆で名前を書いたら、その日から一年間使用できます。

 

f:id:hajime1122:20180606211532j:image

 

<使用上のご注意>

・会員証の払い戻し・再発行はできません。

・有効期間は発行日より1年間です。有効期限が休館日にあたる場合もございますので、ご注意ください。

・会員証のご使用は記名ご本人のみ有効です。ご本人以外の方に譲渡・貸与することはできません。

 

購入してみた!

早速、買って使ってみました。

 

使い方としては、定期券と同じです。入場口のスタッフに期限が切れていないことを見せたら入れます。

 

ちなみに、私は大学生のときに、キャンパスメンバーズという制度で東博に入場していました。その際も無料で入場できましたが、一度窓口に並ぶ必要がありました。しかし、このメンバーズパスは窓口でチケットを発券してもらう必要はありません。

 

なんとも便利な年パスです。やったね。

 

これを使って今年も東京国立博物館に通いたいと思います。

 

 

おわり