hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

【中国美術】羊を巡る冒険~揺銭樹&画像石~

 

こんにちは、わたしです。

 

今日は、東京国立博物館のコレクションを二つ紹介します。一つ目は揺銭樹です。

 

f:id:hajime1122:20180701222117j:image

 

後漢時代(1〜2世紀)の作です。樹の部分は青銅、台座の部分は緑釉陶(緑の陶器です)で出来ています。

 

上に鎮座する鳳凰が非常に美しいです。出土品ならではの土の汚れや錆、欠損も、風格を損なうどころかむしろ逆に作品の高いクオリティを証明しています。

 

揺銭樹とは

 

揺銭樹とは、中国後漢時代の副葬品の一つです。

 

名前は難しいですが、英語名はMoney Treeなので要するに「金のなる木」ということです。

 

よく見ると、当時の貨幣である五銖銭が実としてなっています。

 

通例、揺銭樹の台座は山岳を表していることが多いですが、この作品はを模しています。

 

羊をめぐる冒険

 

f:id:hajime1122:20180702224423j:image

 

羊の話になったので、揺銭樹と同時代のこの作品も見ておきます。

 

画像石 羊の頭部”です。時代はこれまた同じく後漢時代。画像石についてはまた違う記事で書きますが、建造物の石材にて表現された彫刻美術です。

 

素材の重厚感が感じ取れます。

 

羊は吉祥の祥と文字が通じています。また、日本語音読みで羊はヨウですが、陰陽の陽とも音が通じています。陽は生誕を意味しています。

 

それゆえ、後漢時代、羊は縁起物とされていました。もしかすると、実際にラム肉料理も美味しかった可能性もあります(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

地図と時代を見てみる

 

最後に、羊がモチーフになっているこの二つの作品がどこからやってきたかを見てみます。

 

揺銭樹は四川省付近、画像石は山東省です。

 

 

 

 

 

これだけ離れていた場所で、2000年前のある時代にそれぞれ羊について考えた人がいたんですね。

 

ちなみに後漢のこの時代、インドではクシャーナ朝です。以下の記事で触れたガンダーラ美術は、世界史で見ると後漢の美術と同時代のものです。

 

 

www.hamadahajime.com

 

 

 

 

おわり