hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

仏像でも観ていきませんか?『如来および両脇侍立像』

 

今回の記事は、東京国立博物館所蔵の『如来及び両脇侍立像』(重要文化財)について書いていきます。

 

この仏像は、わたしのお気に入りでもあります。

 

 

f:id:hajime1122:20180722161756j:image

 

 

この角度から撮ると、神々しさが伝わります。迫力があって作品の前のパワースポット感が尋常じゃないです。

 

東博の法隆寺宝物館の1Fに置かれていますが、 わたしはこれを見るためだけに行くこともあります。

 

基本情報

 

キャプションに書いてある基本情報は以下のようになっています。

 

・如来及び両脇侍立像

・銅製鋳造鍍金

・三国(朝鮮)時代 6~7世紀

 

両脇侍立像とは、あまり聞きなれない名詞です。両・脇侍・立像の3つで分かれます。

 

脇侍(きょうじ)とは、

 

中尊の左右,あるいは前後に侍するもの。脇士,挟侍,夾侍とも書き,脇立(わきたち),〈わきじ〉ともいう。その数は多くは二尊で,中尊と合わせて三尊像という*1

 

両隣りで、真ん中のボスをサポートする二体の存在のことです。

 

制作素材(手法)の鍍金(ときん)とは、金メッキのことを指します。

 

三尊仏とは

 

ついでに、三尊像についても説明しておきます。 

 

三尊仏とは、三体の仏像のことです。中央が本尊、左右に脇侍を置きます。アジャンターの石窟(紀元前後)にすでに見られるスタイルで、インド由来です。

 

この仏像の本尊は阿弥陀如来だと思います。

もし中央が阿弥陀如来の場合、観世音菩薩勢至菩薩に挟まれていることとなります。

 

情報はミニマルに

 

しかし、真ん中が何の仏であろうと、

 

その情報自体で美しさが変わるわけではない

 

のです。

 

www.hamadahajime.com

 

作品から受け取る情報は最低限にして、感動は最大限にしていきましょう。わたしたちに余計な情報を飲み込む時間はありません。

 

ちょうど同じことを、先日の記事でも書きました。先日の仏像も、同じく本尊が如来の三尊立像でした。

 

個人的に仏像は三尊立像が好きです。構図としてずっしりした安定感があります。

 

 

 

 

おわり

 

*1:株式会社平凡社世界大百科事典 第2版