hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

身体をほぐす時に覚えておきたい二つのヒント

f:id:hajime1122:20180731232831j:image

 

こんにちは、将来の完全自動運転車は座席にマッサージチェアを採用すると予想しているわたしです。

 

今日は、身体をほぐす時について覚えておきたい二つのポイントです。

 

好調と不調の波

 

突然ですが、物事にはがあります。好調-不調であったり、拡大-収縮であったりします。陰陽のように繰り返すこの波は、バイオリズムとも呼ばれます。

 

身体を整えて使って暮らすというのは、この波に丁寧に乗ることを意味します。

 

この二つの時期を抑えておくと、物の見方がとにかく捗ります。

 

好調の時とは

 

人には、ツイている時があります。

 

何をやっても上手く行く時です。モテ期です。やたらと配られたカードがいい時で、望んだものがすぐ実現します。

 

しかし、ここの期間は永遠の絶好調を錯覚してしまいがちです。また、加速して身体を無視しがちになります。

 

好調時は躁鬱でいう時のですから、ここで余計なことをしてバランスを崩さないことがサバイブのためには必要です。

 

もちろん、操とはいっても、好調なのはもちろん悪い面だけではありません。この期間において、身体をほぐしておくと、自分の得意なフィールドで自己新記録が出せるようになります。

 

スポーツのような自己記録を更新する試合をする時に、絶好調のタイミングで戦いに臨めたら、文句なしです。

 

(引用:HUNTER×HUNTER)

 

不調の時とは

 

そして、人にはツイていない時もあります。

 

何をしても上手くいかず、同意や賞賛を受けることがとにかく少なくなります。様々なことに対しても、気が合わないなあと思うことが増えます。

 

この期間の利点としては、頭の中の考えを整理することができることです。

 

自分は(ここで)何がやりたいのか、何が得意なのか、何をやらなければならないのか、と言った普段考えない深い思考に簡単にアクセスすることができます。

 

また、よく言われているのが、準備期間という言葉です。好調時のピークを上げるためのタイミングです。

 

この期間は、スポーツ的な自己新記録を狙うようなことはやめましょう。ツイていないと、本当に勝てるものにも勝てません。勉強や仕事も暮らしも、地盤固めに徹することです。

 

こちら側のタイミングで活躍するのは、スポーツ選手というよりは、生活が修行の武術家のような人間です。

 

上のHUNTER×HUNTERの図で言うと、実力の幅の下部ラインを上げる期間です。

 

陰陽の流れには従うしかない

 

身体をほぐすと、好調時には好調時の使い方、不調時には不調時の使い方があることがわかります。

 

わたしは大学受験の目標に、

 

受験日の当日どれだけコンディションが悪くなっても第一志望の大学に合格する

 

と掲げていました。

 

なんとか整えて合格できましたが、物事の難しいところは、準備が終わっていない時に本番が来ることがある、という点です。

 

わたしが今身体をほぐしている目的の一つには、分かりやすく好調時の最大値を自己新記録的に上げることへの期待です。

 

そして、もう一つに不調時のパフォーマンスを最大化したいなあという素朴な気持ちです。

 

f:id:hajime1122:20180731210532j:image

(引用:HUNTER×HUNTER)

↑モラウさんかっこいい〜

 

というわけで、日々にリズムを感じながら、機嫌よく暮らしていきましょう。

 

結論

 

色々考えたけど、

 

既に漫画で描かれてあった。

 

HUNTER×HUNTERは最強

 

 

 

 

おわり