hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

【一人暮らし】夏の塩分不足を解消する4つの方法

f:id:hajime1122:20180806231018j:plain

 

暑さが収まりませんね。今日は、夏の塩分不足を解消する4つの方法をシェアします。

 

特に今年から一人暮らしを始めた方は必見です。手軽に塩分を取って夏を乗り切りましょう。

 

www.hamadahajime.com

 ↑こちらの記事もおすすめです。

 

それにしても、今年度から一人暮らしを始める人は、20年前一人暮らしを始める人に比べてどれだけハードモードなのでしょうか・・・・。(気候的な意味でね)

 

ではでは、失った塩分を補給できる4つの食品を見てみましょう。

 

 

1.みそ汁

 

 

日本人の塩分+水分補給といえばお味噌汁です。

 

夏は塩分と水分補給のために味噌汁を飲むぞ~」くらいの勢いでいきましょう。そんなことを考えながら味噌汁を飲む人はそういないかもしれませんが。

 

インスタントの味噌汁で構わないので、常備しておくと結構捗ります。

 

冬に温まる目的で飲みすぎる(そんな人はいない)と塩分過多になりますが、汗をかくシーズンは心配せずとも大丈夫です。

 

もし一日のうち味噌汁だけで塩分を摂取するのであれば、濃いめで作って構わないです。

 

2.焼き魚

 

二つ目が焼き魚です。一人暮らしなので湯煎で戻せるものか、レンジで温めると食べられるものが中心になります。

 

もし塩分が足りていなければ、すでに味がついている魚に追加で塩をふりかけてもいけます。

 

セブンイレブンの焼き魚などを常備していて、お米+味噌汁+焼き魚でご飯をしてもいいです。

 

夏は焼き魚がおいしいです。毎日アユの塩焼きを食べていたら最強になれそうですよね。

 

4. キムチ

 

30gでだいたい1gの塩分があるキムチです。

 

これも夏の冷蔵庫に常備しておくと、気軽に食べられます。

 

キムチについては特に語ることがないですが、近所ではドン・キホーテが一番安かった覚えがあります。

 

ご飯+味噌汁+焼き魚+キムチなんて朝ごはんにすれば、夏でも身体が動きそうな気がしませんか?

 

ここまで塩分をしっかり摂っている人は珍しいと思いますが、外を長いこと歩く日にはオススメです。

 

3. カップラーメン 

 

夏に特有のラーメンの食べたさは「塩分不足」から来ていたりします。外にあるラーメン屋に塩分を取るするために行くのなら、家でもいいんじゃない?という話です。

 

カップラーメンは常備していておくと便利です。どのカップラーメンもだいたい5g前後の塩分が含まれています。

 

カップラーメン=身体に悪いというありがちな図は塩分不足の場合においては当てはまりません

 

十分、栄養補給(栄養というか塩分ね)になります。

  

 

個人的には、東南アジアの夏感が出るトムヤムクンヌードルがオススメです。

 

適当に適切に、うまいこと夏を乗り切りましょう。夏の食を考える役にたてば幸いです。

 

 

 

 

おわり