hamadahajime.com

日々を少し豊かにする記事を更新していきます。

【簡単】立つ技術と足裏の置き方

f:id:hajime1122:20180827232624j:image

 

今日は、”立つこと”について考えたことを書きます。

 

楽な姿勢で立ちたいという人に参考になれば幸いです。

 

左右の偏り

 

立っていて負担のない姿勢とは、左右(前後もですが)に重心の偏りがない姿勢です。

 

重心が左に偏りすぎていたり、右に偏りすぎていたりすると、筋肉や内臓に余計な負担がかかります。

 

靴の左右で踵のすり減りが違う場合は、重心も偏っています。

 

それを、フラットにしていきます。

 

偏りを取る

 

わたしが行なっているのは、以下のようなことです。

 

立って、全身脱力ところから始まります。

 

流れとしては

 

→左足の親指・右足の小指に力を入れる

→左足の小指・右足の親指に力を入れる

→もういちど上に戻る

 

これを繰り返すと、足が重心を取ることを思い出します。無理せず重心を上手く取ることができます。

 

頭で考えて重心は取れるものではないので、ゆらゆらと左右に揺れつつ身体で思い出しましょう。瞑想するのもありです。

 

普段から意識を

 

こうして身体が楽になると、メリットがあります。普段から身体を楽に使えている人たちと縁が生まれます。

 

疲れない身体の使い方をしていると、疲れない身体の使い方をしている人たちが周りに集まるわけですね。

 

普段から少し意識をするだけで、様々な場面で環境に恵まれます。

 

……話が逸れてしまった。短めですが、これくらいで。

 

 

 

おわり